こくらから
こきょうのつきや
あかしがた

小くら=小倉は、北九州市に属す。

明石潟=「ゆふきりもはれゆくつきのあかしかた(月の明石潟)をかへのあき(岡辺の秋)のうらそさひしき」など連歌や源氏物語や日本書紀にも出る兵庫県南部の地名。明石(あかし)は「明し」の意味とも言われている。寛永9年、播磨明石より豊前小倉へ小笠原忠実所替えになり、明石縮を献上。

    宝 井 其 角 自 選 発 句 集 『五 元 集』より (秋の部 493)
絵写真
岬町の漁港(アクセス:明石駅)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   













 
   
 
 
 
 
 
 
 
 

 


 
   
 
 
 



 
 
 
 
 
 
 
   


戻る