NPO法人俳句&連句と其角
ホームページへようこそ
俳句は365分の1の今日を生きる存問の詩。連句は共に現代を生きる対話の詩。また、其角を読み解くことは江戸の俳文芸を現代に活かすヒントになるでしょう。
なぜNPO法人を設立したのか NPO法人俳句&連句と其角へアクセス頂き、ありがとうございました。なぜ、俳文芸の普及を志すグループがNPO法人なのか、という素朴な疑問を持たれた方もいらっしゃることでしょう。それは・・ 詳細はこちら
認知症予防プログラムとしての連句 「俳句」は個の文芸です。つぶやきの詩です。四季折々の移り変わりに感じては、季語に託して365分の1の今日を詠みます。いっぽう「連句」は座の文芸です。複数のメンバーとの「付け」のやり取りを通して、共同で作品をつくる対話の詩です。 詳細はこちら
其角(きかく)を読もう 江戸の俳諧師・宝井其角をご存じでしょうか。元禄15年12月14日、赤穂浪士の吉良邸討ち入りの前日に、大高源吾と両国橋でばったり出会った其角が「年の瀬や水の流れと人の身は」と言いかけ、源吾が「明日待たるゝ その宝船」と付句を返したというエピソー・・ 詳細はこちら
年間スケジュール
イベント
2015-18 宝井其角俳句大会
連句大会
2015-17 近未来連句交流大会
投句
詩あきんど集へ俳句投句欄
全国Web句会へ Web句会投句欄
office「ふとまにあ」のご案内
所在地
神奈川県秦野市名古木117ー1
連絡
メール fax 0463(82)6315
サービス
ストア ブログ 古本コーナー