第3回 俳文コンテスト終了しました・・授賞式を、7月30日に行います。
趣旨&募集要項
 近年、イギリスをはじめ欧米に於いて「HAIBUN」への関心が高まって来ており、日本への俳文ブームの還流を期待する声が上がっております。これに応えて、実験的に、2009年、2010年と本邦初の「俳文コンテスト」を実施しましたところ、海外、国内より多くの応募を頂きました。
「俳文というジャンル」が、可能性に満ちた俳文芸のジャンルとして支持される日が近いことを予感し、ここに「第3回俳文コンテスト」を開催する次第です。

募集期間
 平成23年(2011年)1月1日〜3月31日(必着)まで。
俳文の定義
公募にあたり一義的に俳文の定義を定めず《少なくとも俳句一句以上を含んだ、二百字以上〜千二百字以内の文章》とします。
日本語部門募集要項
1) A4判400字詰原稿用紙をご使用ください。(ワープロ原稿可)
2) 1枚目に作品の題名と作者名(本名、俳号、生年月日、性別)と住所(郵便番号、電話番号、メールのある方はメール)を、2枚目より俳文をお書き下さい。
3) 未発表のオリジナル作品に限ります。作品は1人3編まで投稿可。応募作品の訂正、返却には応じられません。
応募料
 英語部門無料
 日本語部門1編2000円。郵便小為替を同封下さい。
応募先
 金田一事務所「俳文係」
 〒107-0062 東京都港区南青山 6 丁目 13-2-303
日本語部門選考委員
加藤郁乎、鳴戸奈菜、須藤徹 ( 選考委員長 )、二上貴夫、星野高士
英語部門選考委員
湯浅信之 ( 選考委員長 )、スティ-ヴン・ヘンリー・ギル
(英語部門の応募料は無料です。英語部門の募集要項は , Haibun Contest 2011 English Section をご覧下さい)
発表
 五月上旬、入賞者に通知し、ホームページにて発表。入賞作(第一 席~第三席)には賞状・副賞・入選集を、佳作には入選集を差し上げます。
授賞式
 七月下旬、都内(会場未定)にて行う予定です。
主催
 第 3 回俳文コンテスト実行委員会(問合せメール


第1〜2回の記録

第1回俳文コンテスト

第2回俳文コンテスト

第3回募集広告・PDF・B5サイズ


第3回・受賞作

第3回俳文コンテスト